DWTI(4576)が反発、WP-1303の第Ⅲ相比較試験・併用試験が開始

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576)が反発。同社は29日の取引終了後、同社が創製した緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303(H-1129)」が、ライセンスアウト先のわかもと製薬(4512)により、国内第Ⅲ相臨床試験(長期試験)が行われているが、第Ⅲ相臨床試験(比較試験・併用試験)が開始されることを発表した。比較試験はグラナ テック(ROCK 阻害剤)を比較対照 群として、WP -1303 の有効性及び安全性について検証、併用試験は現在緑内障治療に一般的に使用されている薬剤(ラタノプロスト(PG関連薬)及びチモロール(β遮断剤))とWP-1303 を併用した場合の有効性及び安全性について、プラセボを対照に検証する試験。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket