企業|企業速報 証券市場新聞

免疫生物研究所(4570)は後場入って急伸、前日比150円高の1012円ストップ高買い気配となっている。この日、アルツハイマー病(AD])の原因物質として考えられているアミロイドβタンパク質(Aβ42)の立体構造を標的とする抗体「23B3」を開発したと発表したことを受け買いを集めた。
京都大学の入江一浩教授、千葉大学大学院の清水孝彦准教授、京都府立医科大学大学院の徳田隆彦教授らの研究グループと共同開発したもので、「23B3」を用いてAD患者とADではない人の脳せき髄液を解析したところ、AD患者からより多くの割合で毒性コンホマーを含むAβを確認できたという。今後、正確かつ早期にADを診断するためのツールとしての活用が期待され、研究成果は英国の学術誌サイエンテフィック・レポートに掲載されたとしている。

証券市場新聞

Pocket