企業|企業速報 証券市場新聞

ヤマトホールディングス(9064)が9連騰、一時前日比138.5円高の2622.0円まで買い進まれた。6日付のレポートで三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティングを「Underweight」から「Overweight」へ、目標株価を1840円から3400円へ引き上げたことが材料視された。従来は日本郵便が同社の脅威となり収益成長が鈍化するとしていた。これを「日本郵便の脅威が薄れたこと
に加えてフリマ市場の急拡大で宅配便市場の成長を加速させる可能性が高まり、中長期的に最高利益更新局面に入る」との見方にエクイティストーリーを大幅変更している。
証券市場新聞

Pocket