ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

ダイセキS(1712)が大幅反発、利益率改善で20年2月期利益予想を上方修正

ダイセキ環境ソリューション(1712)が大幅反発。同社は18日の取引終了後、20年2月期の業績予想の修正を発表。連結売上高で147億1200万円から141億5000万円(前期比0.3%減)へ、営業利益で9億6300万円から10億4000万円(同15.8%増)へ修正した。土壌汚染処理事業において、難処理物案件・工事処理一括案件等、付加価値の高い案件に注力するとともに、弥富リサイクルセンター・横浜恵比須リサイクルセンターの稼働率の向上と原価低減に注力、利益率改善が寄与している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

10月26日株式セミナーin大阪 大阪メトロ長堀橋駅から徒歩1分

Pocket