企業|企業速報 証券市場新聞

ザインエレクトロニクス(6769)が大幅続落、約5カ月ぶりに年初来安値を更新した。8日取引終了後、16年12月期の業績見通しを大幅に下方修正したことで見切売りが出たようだ。
通期の連結業績について、売上高40億5200万円を28億5400万円(前期比18.2%減)、営業利益5億2000万円を3億1900万円の損失(前期3億1200万円の利益)、最終利益4億600万円を億8300万円の損失(同3億7800万円の利益)へ売り上げを大きく引き下げ、赤字転落を見込んだ。
想定為替レートを1ドル=100円に見直したことに加え、車載向けやカメラ・ソリューション、電源モジュールなどユーザーの量産化の遅れなどが響く。

証券市場新聞

Pocket