企業|企業速報 証券市場新聞

ローソン(2651)が反落、約2週間ぶりに年初来安値を更新した。11日取引終了後に発表した17年2月期第1四半期(3~5月)の連結決算は、営業総収入1489億1100万円(前年同期比6.2%増)、営業利益174億5100万円(同8.8%減)と増収ながら営業減益になったことから、先行き一段の収益悪化を警戒した売りが先行した。
プライベートブランド「ローソンセレクト」の拡充や既存店舗の改装、広告販促費の積極投入により増収を確保したが、改装費を含めた経費負担と競争激化の影響で収益性が低下した。第2四半期の営業利益計画395億円(前年同期比6.1%減)に対する1Qの進捗率は44.2%となっている。

証券市場新聞

Pocket