荒川化学(4968)が3日続落、電子部材需要減で20年3月期予想を下方修正

目次

荒川化学(4968)が3日続落、電子部材需要減で20年3月期予想を下方修正

荒川化学工業(4968)が3日続落。同社は25日の取引終了後、20年3月期の業績予想の修正を発表。通期連結売上高で820億円から730億円(前期比8.2%減)へ、営業利益で43億円から26億円(同27.0%減)へ下方修正した。米中貿易摩擦の影響などで需要環境が大きく悪化し、電子部品向け材料等の需要が大きく減少したことに加え、水素化石油樹脂の生産拠点を置くドイツのコンビナートが再度停止したことなどに伴う諸コストの増加も影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる