企業|企業速報 証券市場新聞

日本色材工業研究所(4920)がストップ高買い気配、約半年ぶりに年初来高値を更新した。12日取引終了後、17年2月期の業績予想を大幅に上方修正したことを好感した買いを集めた。。
連結業績について、売上高を87億400万円から96億8800万円(前期比11.2%増)、営業利益を3億7000万円から7億300万円(同40.6%増)へ減益予想から一転、大幅増益を見込んだ。インバウンドやアジア・アセアン市場の需要増を追い風に化粧品の製造受託が大きく伸び、新製品の受注増が利益を押上げる。
同時に発表した第1四半期(3~5月)の連結決算が、売上高26億4500万円(前年同期比43.7%増)、営業利益2億7400万円(前年同期2900万円)に急拡大して着地したことを受け、通期計画を見直した。

証券市場新聞

Pocket