東証4|企業速報 証券市場新聞

サッポロホールディングス(2501)が反発、前日比25円高の545円まで買われた。日本経済新聞が3日付で「2016年12月期は、連結営業利益が前期推定に比べて約4割増の200億円程度となる見通しだ」と報じたことが買い手がかりになった。
「東京都内で複合商業施設が開業するなど、不動産事業が収益を押し上げる。前期は4年ぶりのマイナスだった国内ビール類の販売数量も上向く公算が大きい。退職給付関連費用も減る」と伝えており、収益急改善を期待した買いが優勢になった。

証券市場新聞

Pocket