決算|企業速報 証券市場新聞

富士ソフトSB(6188)が大幅続落、2Q営業利益3.1倍も利益確定売り

富士ソフトサービスビューロ(6188)が大幅続落。6日引け後に発表した20年3月期第2四半期累計の単独決算は売上高60億6600万円(前年同期比20.9%増)、営業利益4億1500万円(同3.1倍)と大幅増収で利益が急拡大した。ただ、10月28日に年初来高値594円を付けるなど株価は先行して上昇しており、好決算発表を契機に利益確定売りが加速した。特化型コールセンターを中心としたBPO業務の積極展開で取り扱いが急拡大しており、通期計画の営業利益500億円(前期比22.0%減)に対する2Qの進捗率は83%に達する。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket