ゲーム|企業速報 証券市場新聞

ベネフィJ(3934)が急反落、2Q上振れ47%営業増益も材料出尽くし感

 ベネフィットジャパン(3934)が急反落。13日取引終了後に発表した20年3月期第2四半期累計の連結決算は計画を上回り、営業利益6億2100万円(前年同期比47.0%増)と利益が急拡大。通期計画の9億3000万円(前期比10.4%増)に対する進捗率は66.8%に達した。ただ、株価は株式分割を考慮した実質最高値圏にあったことで、当面の材料出尽くし感から利益確定売りが優勢になった。ショッピングモールや百貨店での顧客獲得活動やWEB販路の強化などにより会員純増数が2Q累計として最高となった。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket