企業|企業速報 証券市場新聞

旭硝子(5201)が5連騰。14日引け後、16年12月期の連結業績を修正、利益予想を引き上げたことがポジティブサプライズになった。
営業利益750億円を840億円(前期比18.0%増)、最終利益250億円を300億円(同30.0%減)へ。円高進行で売上は計画を下回るものの、原材料価格が想定を下回り、欧州のガラス事業が好調なことから、利益が計画を上回る。期中平均為替レートは1ドル=108円、1ユーロ=120円に見直している。

証券市場新聞

Pocket