企業|企業速報 証券市場新聞

東亜建(1885)が反落、自己株式取得枠の設定も利益確定売り

東亜建設工業(1885)が反落。同社は27日の取引終了後、自己株式取得枠の設定を発表したが、寄高後は利益確定売りに押されている。上限200万株(発行済株式総数に対する割合:9.37%)または20億円で、取得期間は11月28日から20年3月31日まで。2024 年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の発行に伴う当社株式需給への短期的な影響を緩和し、資金調達を円滑に実行するとともに、資本効率の向上及び株主還元の充実を図るため。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket