企業|企業速報 証券市場新聞

東宝(9602)が6連騰。15日引け後に発表した17年2月期第1四半期(3~5月)の連結決算は、営業収入577億9700万円(前年同期比1.0%増)、営業利益128億2100万円(同15.0%増)と増収2ケタ増益で着地したことが好感されている。主力の映画事業が堅調に推移、スバル興業(9632)との道路事業の収益改善効果が大きかった。通期は営業収入2167億円(前期比5.5%減)、営業利益330億円(同18.9%減)と従来予想を据え置いている。

証券市場新聞

Pocket