企業|企業速報 証券市場新聞

日本瓦斯(8174)が急反発。「2016年4~6月期の連結営業利益は前年同期比26%増の45億円前後と、同期間として過去最高になったようだ」との報道が買い手がかりになった。
家庭や産業向けガスの販売量が拡大したほか、液化石油ガス(LPG)の調達費用が下がり、海運市況の低迷で運搬費用が下がったのも追い風となったと伝えている。通期は連結営業利益122億円を計画しており、利益上ぶれが意識されたようだ。

証券市場新聞

Pocket