企業|企業速報 証券市場新聞

ゲンキー(2772)が急落。この日午前9時に発表した17年6月期の連結業績で、営業利益28億6000万円(前期比7.7%増)と増益を予想した。ただ、業績拡大へ期待が強く、市場コンセンサスを下回ったことから、失望売りに押された。
今期はポイントによる販促、コンビニカテゴリー商品の開発強化、低価格プライベートブランド商品の拡充に加え、Eコマースの強化により、業績拡大を見込む。ただ、16年6期は販管費率の上昇で営業利益26億5500万円(前の期比3.1%減)とわずかながらも減益で着地しており、今後の成長鈍化が警戒されたようだ。

証券市場新聞

Pocket