利益確定売りに押される【記者の視点】

目次

利益確定売りに押される【記者の視点】

 この日は米国が発動済みの対中追加関税を大統領選後まで維持するとの報道が嫌気されたようだが、ムニューシン米財務長官は「第2段階の合意が速やかに得られれば、トランプ大統領は第2段階の一環で関税解除を検討する」とも述べており、大統領選後というよりは今後の交渉次第ということだろう。その意味では、この日予定されている第1段階合意が織り込まれたことで利益確定売りに押されていると判断できそうだ。
 輸出系の主力は3Q決算がでるまでは手掛かり材料難、その半面で、松屋フーズ(9887)のように好業績期待の内需が強い動きだ。2万4000円を日経平均が再度抜けて上値を目指すにはもう少し時間が必要かもしれない。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる