企業|企業速報 証券市場新聞

ゼニス羽田ホールディングス(5289)が反発、ストップ高まで買われた。電線地中化ではイトーヨーギョー(5287)が5連騰でストップ高まで買われていることから、電線共同溝を手掛ける同社株も関連銘柄として関心が高まっている。イトーヨーギョーが1088円まで買われているのに対して同社はストップ高でも225円と値ごろ感があることも魅力となっているようだ。

証券市場新聞

Pocket