感染症対策関連が連日人気、春節控え新型コロナウイルスへの不安高まる

企業速報01|企業速報 証券市場新聞
目次

感染症対策関連が連日人気、春節控え新型コロナウイルスへの不安高まる

アゼアス(3161)と重松製作所(7980)がストップ高、日本アビオニクス(6946)や興研(7963)やシキボウ(3109)、ニイタカ(4465)、ダイワボウホールディングス(3107)など感染症対策関連がこの日も買い進まれた。新型のコロナウイルスが中国で猛威を振るう中で、今週末からの春節を控えて警戒感の高まりから、関連銘柄が賑わっている。出遅れ銘柄にも物色の矛先が向かっており、ウイルス除去率99.999%を実現した「ノロスター」を販売するニイタカも急動意している。

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

企業速報01|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる