企業|企業速報 証券市場新聞

小野測器(6858)が反落。この日午後2時前に発表した16年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高75億7300万円(前年同期比5.2%増)、経常利益6億1500万円(同24.3%減)と増収ながら大幅減益で嫡子たことが嫌気されている。
期首の受注残を確実に売り上げたことから増収を確保したものの、外部調達品の比率上昇や償却費負担、販売管理費など経費負担の増加が利益を圧迫。受注残高40億7600万円(前年同期比36.6%減)と急減したことから、通期計画未達成も警戒されたようだ。

証券市場新聞

Pocket