企業|企業速報 証券市場新聞

三井化学(4183)が反発、一時前日比48円高の438円まで買い進まれた。この日午前9時に、今17年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想を売上高で6000億円から5830億円(前年同期比17.7%減)へ、営業利益を270億円から440億円(同6.2%増)へ修正、利益の上方修正が刺激材料となった。モビリティ、ヘルスケア及びフード&パッケージングの各セグメントの販売が堅調に推移していることに加えて、基盤素材セグメントの需要が拡大、ナフサクラッカーを始めとした各プラントの稼働も高水準で継続している。

 

証券市場新聞

Pocket