企業|企業速報 証券市場新聞

eBASE(3835)が急伸。7月29日大引け後に発表した今17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算で売上高7億8200万円(前年同期比8.0%増)、営業利益9600万円(同12倍)と大幅な増益を達成したことが刺激材料となった。食品業界向けビジネスでは食の安全情報交換の全体最適化を図りながら、利便性向上による無償ユーザーへの継続的フォローを図ることで、有償ソフトの拡販と既存ユーザーのクロスセル・アップセルに取り組んでいる。
通期業績は売上高36億1700万円(前期比1.4%増)、営業利益7億2200万円(同3.5%増)の従来見通しから変えていない。

証券市場新聞

Pocket