メガバンクが大幅安、バンカメ収益悪化で引当金増加を懸念

ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞
目次

メガバンクが大幅安、バンカメ収益悪化で引当金増加を懸念

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、みずほフィナンシャルグループ(8411)などメガバンクが大幅安。前日のNY米株市場でバンク・オブ・アメリカの決算悪化をきっかけにゴールドマン、シティなど大手金融株が大幅に下落した流れが波及した。バンカメの20年12期1Qは不良債権発生に備えた貸倒引当金の積み増しで純利益が43%の大幅減益となっており、邦銀にも同様に貸倒引当金計上による収益悪化懸念が広がった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる