企業|企業速報 証券市場新聞

モバイルファクトリー(3912)が急反発。東京証券取引所がこの日の売買分から委託保証金率を50%以上、うち現金20%以上とする信用取引に関する臨時措置を解除、日証金も同日から増担保金徴収措置を解除したことから買い直された。
22日に16年12月期連結業績を上方修正していることも買い気を誘った。売上高19億7100万円(前期比12.5%増)、営業利益5億2000万円(同65.7%増)と大幅増収増益を見込んだ。

証券市場新聞

Pocket