企業|企業速報 証券市場新聞

日本海洋掘削(1606)は小高い。同社は4日大引け後に今17年3月期の連結業績予想を売上高で254億8000万円から203億7800万円(前期比43.7%減)へ、営業損益で61億4900万円の赤字から81億9500万円の赤字(前期25億5000万円の赤字)へ修正したが、株価は下落基調が続いていたことから織り込み済みの動き。一部のリグで、受注活動中の掘削契約の工事開始時期が遅れることや契約済みの掘削工事についても計画の縮小を見込んだことなどから赤字幅が拡大する。

 

証券市場新聞

Pocket