東レ(3402)が反発、電動化車両向けコンデンサ用フィルムを増産

目次

東レ(3402)が反発、電動化車両向けコンデンサ用フィルムを増産

 東レ(3402)が反発。18日、電動化車両(xEV)市場の拡大に対応して車載コンデンサ用フィルムの生産能力を1.6倍に引き上げると発表したことを受け、早期収益貢献を期待した買いが向かった。同社製品は薄膜化と高耐電圧化の相反する性能を両立したことから、車載コンデンサ用フィルム市場でトップシェアをいき、欧州や中国を中心に年率約20%の高成長が見込まれるxEV市場の需要を取り込み、一段の事業拡大を目指す。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる