提案|証券市場新聞

船井総研(9757)が急反落、20年12月期通期未定とし2Q累計下方修正

 船井総研ホールディングス(9757)が急反落。20日取引終了後、20年12月期通期の連結業績予想を未定とし、第2四半期累計について、前回予想の売上高140億円を120億円~124億円(前年同期比0.7%減~2.6%増)、営業利益を31億5000万円から21億円~23億円(同26.9%減~20.0%減)に下方修正したことが嫌気された。新型コロナウィルスの感染拡大の影響で営業活動に制約が生じ、受注高が伸び悩んでいる。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket