企業|企業速報 証券市場新聞

東和薬品(4553)が急反落。8日引け後に発表した17年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算で、最終損失10億9900万円(前年同期22億4000万円の利益)を赤字に転落したことを嫌気した売りがかさんだ。
4月の薬価改定で18.9%の大幅な薬価下落が発生、売上原価率の急激な悪化に加え、研究開発費や人件費の増加も損益を圧迫し、円高進行に伴いデリバティブ評価損も発生した。第2四半期累計(4~9月)は最終利益29億6500万円(前年同期比26.1%減)、通期74億5000万円(前期比3.1%減)と従来予想を据え置いているが、計画未達成が警戒された。

証券市場新聞

Pocket