企業|企業速報 証券市場新聞

マツモトキヨシホールディングス(3088)が3連騰。10日大引け後に発表した今17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算で売上高1340億8000万円(前年同期比2.1%増)、営業利益71億7500万円(同8.7%増)と増収増益を達成、加えて70万株、総額30億円の自社株買いを発表したことが材料視された。インバウンドだけでなく国内外において外国人需要の獲得を図っている。通期業績は売上高5550億円(前期比3.5%増)、営業利益280億円(同2.1%増)と従来予想を変更していない。

証券市場新聞

Pocket