企業|企業速報 証券市場新聞

ネクソン(3659)が急反落、午後1時現在、東証1部値下がり率トップとなっている。10日引け後に発表した16年12月期第2四半期累計(1~6月)の連結決算が計画を下回り、第3四半期累計(1~9月)の連結業績も大幅減益を予想したことを嫌気した売りがかさんだ。
ロイヤルティ収益の減少と韓国ウォン、中国元、ドルなどに対して円高が進んだ影響が大きく、2Qは純利益12億9200万円(前年同期比95.9%減)と予想レンジ下限の40億5200万円を下回った。3Qは純利益109億4000万~128億8900万円(前年同期比78.4%減~74.6%減)を予想している。

証券市場新聞

Pocket