企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ(9984)が大商いで連日の年初来高値更新。閑散商状のなか気を吐いている。分法適用会社の中国電子商取引最大手アリババ集団の4~6月期営業利益は前年同期比7割増と好調で、NY市場で上昇基調を強めており、アリババ人気が同社株への物色意欲を高めさせるかたちになった。年初来調整が続き、需給整理が進んだことに加え、日銀のETF買い入れへの思惑も買い気を誘っている。

証券市場新聞

Pocket