企業|企業速報 証券市場新聞

グリーンペプタイド(4594)が急伸。15日大引け後に同社のリード開発品であるがんペプチドワクチンITK-1に関する特許出願が、日本に続き欧州においても特許査定を受けたことを発表したことが材料視された。ITK-1は、複数のがん抗原由来のペプチドから構成され、その中から、投与前に患者の免疫応答状態の良いペプチドを選択して投与する”テーラーメイド型投与方法”を採用した薬剤。富士フイルムに独占的にライセンスされており、現在国内において第3相臨床試験が実施されている。

証券市場新聞

Pocket