富士山MS(3138)が急反落、1Q収益計画上振れも通期修正なく失望売り

ゲーム|企業速報 証券市場新聞
目次

富士山MS(3138)が急反落、1Q収益計画上振れも通期修正なく失望売り

 富士山マガジンサービス(3138)が急反落。3日取引終了後、集計中の20年12月期第2四半期累計の連結業績について、営業利益を1億600万円から1億6000万円(前年同期比45.5%増)へ上方修正した。ただ、東京オリンピック開催延期により、想定していた配送費用や人件費上昇がなかったことが要因で、通期予想の上方修正がなかったことが失望売りを誘ったようだ。

証券市場新聞~株式ニュースと相場見通し~

Pocket

ゲーム|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる