企業|企業速報 証券市場新聞

メドレックス(4586)がストップ安。この日午前9時に、消炎鎮痛貼付剤ETOREAT.の米国第Ⅲ相臨床試験の結果(速報)について、主要評価項目の累積痛みスコアにおいて、ETOREAT.投与群と対照薬(プラセボ)投与群の間で統計学的な有意差は示されなかったと発表したことを嫌気した売りがかさんだ。
第Ⅲ相臨床試験は急性疼痛の一種としてFDAと合意したDOMS(遅発性筋肉痛)に関する病態モデルでの臨床試験で、101名の健常人を対象に人為的に筋肉に負荷をかけてDOMSを発生させ、その痛みの症状に対しての有効性を検証した。
業績への影響については精査中で、研究開発費の見込み額の変更などにより、修正が必要と判断された場合には速やかに発表するとしている。

証券市場新聞

Pocket