企業|企業速報 証券市場新聞

ソフトバンクグループ(9984)が反発。証券会社による投資判断、目標株価の引き上げが相次いでいることが下値の買い意欲を強めさせたようだ。いずれも、英半導体設計大手ARM買収負担によるネガティブインパクトは株価に織り込まれたとして、スプリントの業績改善や国内携帯事業キャッシュフローの安定性などを評価している。

証券市場新聞

Pocket