伊藤園(2593)が反発、第1四半期32.1%営業減益も織り込み済み

企業|企業速報 証券市場新聞

伊藤園(2593)が反発。同社は1日の取引終了後、21年4月期の第1四半期(5~7月)決算を発表、連結売上高で1127億1400万円(前年同期比13.5%減)、営業利益で42億1600万円(同32.1%減)と減収減益なった。新型コロナウイルス感染症拡大による外出制限や自粛の継続、それに伴う需要回復の遅れが、大きな影響を与えており、飲食関連ではタリーズコーヒージャパンの来客数回復の遅れが圧迫しているが、業績悪は織り込み済みで今後の回復を期待する動き。
通期は売上高4810億円(前期比0.5%減)、営業利益で200億円(同0.3%増)と従来予想を据え置いた。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

企業|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる