ラオックス(8202)がS高、アリババ傘下の「Lazada」に出店し東南アジア市場開拓

 ラオックス(8202)が後場急伸、ストップ高まで買われた。この日、新しい販売チャネルとして、中国アリババグループの東南アジア市場をターゲットとしたプラットフォーム「Lazada」への出店したと発表したことが買い手掛かり。8月初旬にショップ内で一部商品のテスト運営を行い、チャネル名を「LazMall」としてインドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシアの4カ国で展開しおり、今後はグループのリソースを活用、中国だけではなく東南アジアへと市場を広げ、グローバルを視野にEC事業を発展させるとしている。

証券市場新聞~株式ニュースと相場見通し~

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる