企業|企業速報 証券市場新聞

クリムゾン(2776)が急伸、約2カ月半ぶりに100円台を回復した。
26日取引終了後、17年1月期の第2四半期累計(2~7月)の単独業績予想を修正、最終損益を2200万円の赤字から500万円の黒字(前年同期1億3700万円の赤字)へ黒字浮上を見込んだことが手がかりになった。値ごろ感と株価が上場来安値圏にあったことから見直し買いが膨らんだ。
2Qはブランド事業の不振で、売上高、営業損益は計画を下回るものの、円高に伴い外貨建て債務などで為替差益が発生したことから、経常、最終損益が計画を上回る。

証券市場新聞

Pocket