企業|企業速報 証券市場新聞

オンコリスバイオファーマ(4588)が急伸。29日取引終了後、HIV感染症治療薬として研究開発を進めているOBP‐601について、製造方法に関する欧州特許出願の特許査定を受けたと発表したことが買い手がかりになった。
OBP‐601はHIVの複製に必須の逆転写酵素を阻害するHIV感染症治療薬で、今回登録査定を受けた特許発明は、同剤をより効率的かつ低コストで製造する有力な方法だという。商業化を進める環境を堅固にすることが期待されるとしており、今後の業績貢献が期待された。

証券市場新聞

Pocket