企業|企業速報 証券市場新聞

ダイドードリンコ(2590)が続伸。29日大引け後に発表した今17年1月期第2四半期累計(1月21日~7月20日)の連結決算で売上高861億3800万円(前年同期比15.8%増)、営業利益22億8000万円(同32.9%増)、純利益19億2500万円(同2.5倍)と大幅な増収増益を達成したことが材料視された。トルコやマレーシアで海外飲料事業子会社5社連結対象としたことや原価低減への取り組み、負ののれん発生益4億9400万円などを特別利益に計上したことが寄与している。
通期は売上高1710億円(前期比14.1%増)、営業利益50億円(同0.2%増)、純利益35億円(同49.1%増)の予想を変えていない。

 

証券市場新聞

Pocket