企業|企業速報 証券市場新聞

日立製作所(6501)は続伸。30日付け日本経済新聞が「17年3月期に固定費や材料費といったコストを前期比で約2000億円減らす」と報じたことが好感された。
期初の想定為替レート(1ドル=110円)を超える円高が定着し逆風が吹くなかで、コスト削減を進めて期初に計画した連結業績予想(営業利益で15%減の5400億円)の達成を目指すと伝えており、収益懸念の後退で買戻しが継続した。

証券市場新聞

Pocket