ツインバードが4連騰、新型コロナワクチン保存で保冷庫に脚光

ツインバード工業<6897>が4連騰。ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンが超低温での輸送・保存が必要であることから同社が販売するワクチン輸送・保管用の保冷庫が脚光を浴びている。「フリーピストン・スターリングクーラー(FPSC)」と呼ばれる保冷庫は数分でマイナス80度の超低温に到達する機能を持つという。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる