企業|企業速報 証券市場新聞

ピープル(7865)が大幅反落。1日に発表した17年1月期第2四半期累計(1月21日~7月20日)の単独決算が、売上高22億1700万円(前年同期比11.8%増)、営業利益2億2500万円(同7.1%減)と2ケタ増収ながら減益で着地したことが失望売りを誘った。
国内販売で自転車など原価の高い商品群の売上構成が拡大し収益性が低下した。第1四半期(1月21日~4月20日)は営業利益1億8400万円(同63.6%増)と大幅増益で通過しており、第2四半期の急減速で今後の業績計画未達成が警戒された。

証券市場新聞

Pocket