ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

年末最終週のパフォーマンスは?

今年も残すところ1週間となった。
年末にかけて上昇することを「悼尾の一振」と云われるがはたして今年はあるのだろうか。
過去5年間で年末最終週のパフォーマンスを調べて見ると最終週に上昇したのは5回中3回であった。
アベノミクス効果により過去5年はいずれの年も年初の寄り付き価格より年末の最終値は上昇していたが最終週の動きはバラバラである。

1月は株価が軟調なケースが多い

ただ、最終週に上昇した翌年の1月は株価が軟調なケースが多いのが興味深い。
2015年の年末は最終週で1万8873円から1万9033円と160円上昇したが翌月の1月には1万6017円の安値を付けている。
また、2013年は最終週15889円から1万6291円と最終週で402円上昇したが翌月の1月には1万4914円の安値をつけていた。
このように年末最終週がプラスで引けると年明けは安くなり易いというアノマリーである。

下値抵抗ラインは?

さて、今年はどうか?チャート的には11月9日の高値を抜けずに下値切り上げ型のボックス相場状態にある。
今週はボリンジャーバンドのバンドが収斂してきており△2.5σで2万3100円処、▲2.5σで2万2100円処である。11月9日以降は△2σ(現在値23000円処)と▼2σ(現在値2万2200円処)の間で推移しておりこの範囲内に収まりそうである。
また、一目均衡表の転換線(現在値2万2710円処)を割ると翌日は上昇しているケースが多く見受けるられるため下値抵抗ラインとして意識されるだろう。

「突っ込み買いの吹き値売り」で対処

割ったとしても今週は25日移動平均線(2万2610円処)が強いサポートラインとなろう。
上値は12日の高値2万2970円が抵抗ラインと思われる。クリスマス休暇を迎えている外国人投資家が積極的に動かない限り高値更新は難しいと思う。
今週は2万2600円から2万2970円の範囲内の動きを想定する。参加者が少なく前場と後場の動きが逆になるケースが多く「突っ込み買いの吹き値売り」で対処したい。

(ハチロク)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket