ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

欧州投資家が年初より買い

 大発会から日経平均は3日連続で値上がりし上昇幅は1085円となった。
 年初から3日間上昇するのは2010年以来である。
 背景には最大のリスク要因であった北朝鮮がピョンヤンオリンピックに参加する方針との報道によりオリンピック期間中には挑発的な行動はとらないだろうとの思惑から一気に買い戻しが入ったようである。
 年末にヘッジを掛けていた投資家、地政学リスクが後退するなら他の国の株より割安な日本株を買いたい欧州投資家が年初より買いを入れたようである。

裁定買い残には注意

 9日にはザラバ中に2万4000円にタッチしたが急激な上昇により達成感もでてその後調整局面になっている。
 ただ上昇過程において裁定取引の買い残も増加している。11日時点の買い残高は3兆4266億円。2年1カ月ぶりの水準である。
 裁定取引自体は相場に対してフラットであるが相場が変動したときに解消売りがでて変動幅を大きくするケースが多い。買い残が時価総額の0.6%を越えてくると警戒水準と言われるが現在は約0.48%程度である。直ぐに警戒しなければいけない状態ではないが買い残が積み上がっている事は注意したい。

今週は下値固めの展開

 今週は下値固めの展開を想定する。上昇過程で3つの窓を形成したが一番上の窓は解消し23510円から2万3490円の二つ目の窓埋めを試す可能性は高い。
 この水準は4日からの9日の高値までの38.2%押し(2万3511円)水準である。その下の水準としては一目均衡表の転換線(2万3360円)がサポートラインとなろう。

下げない状態は強い

 上値はボリンジャーバンドの△2σ(2万3850円処)、その上は24000円となる。円高に振れてる状況下で大きく下げない状態は強いといわざるおえない。
 円安に振れたとき一気に高値を取るケースもありえよう。(ハチロク)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin