1月は2カ月連続月足陰線

 大幅上昇で始まった1月相場であったが結局は月足陰線となり2カ月連続月足陰線となった。
 12月、1月と連続陰線となるのは過去に6回あった。そのうち4回は年足も陰線となっている。
ただ、2013年以降のアベノミクス相場以降は1月が陰線であったとしても年足は全て陽線となっており最近では過去のアノマリーはあてにならない。

「2月相場は荒れる」の経験則

 しかし、ディーラーとしての経験則からいうと「2月相場は荒れる」というイメージが強い。特に今週のSQ週は注意したい。
 相場は先週6日連続で下落し下落幅は1025円となった。その後木曜日には387円高となり下げの0.382%戻しとなったが週末には再び下落。戻りを帳消しにする形となった。

「株高の宴」は一端終了

 大幅高した翌日に大幅下落すると言うことはやはり売り需要が多いということだろう。米国の長期金利が2.7%台に乗ってきており金利上昇による高値波乱の可能性もある。
 「株高の宴」は一端終了し下値を見極める週となりそうである。

2万3000円ラインの攻防か?

 目先は2万3000円ラインの攻防となりそうであるがそのラインを割れてくると下値メドとしては大発会のときに作ったマド(2万2881円から2万3065円)を埋めにいく可能性も高い。
為替が再び108円台に入ってくると下値を試す展開となりそうである。
上値メドは25日移動平均線(2万3500円処)と見る。SQに絡めて相場を動かすパターンが最近多いので今週の水曜日、木曜日にはボラティティが高くなりそうである。
 今週は仕掛け的な売りに注意である。(ハチロク)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket