秋台風シーズンに備える【話題のテーマと狙える銘柄】

目次

気象関連銘柄をチェック

秋の台風シーズンが到来する。台風は年間を通じて発生し、既に8月も台風による影響で甚大な被害が発生しているが、9月からの秋台風は九州や本州などに上陸し易いのが特徴だ。地球温暖化の影響により、台風の勢力は年を追うごとに巨大化しており、発生や進路ルートが予測できでも被害を未然に防ぐのは難しくなっているが、精度の高い気象分析ができれば、人命を守ることが可能になる。そこでシーズンストックとして改めて気象関連銘柄をチェックしておきたい。

9月は台風の上陸確立が高い

例年9月になると台風の上陸確立が高くなってる。夏の間に勢力を増し、日本付近を覆っている「太平洋高気圧」の影響で8月は発達した太平洋高気圧の外側を沿うように北上するケースが多いが、9月になるとこの「太平洋高気圧」が次第に弱くなってくる。これにより、「太平洋高気圧」の外側が日本列島と重なり、台風の進路となることから、日本列島横断で被害が甚大になるケースが多い。
しかも秋になると偏西風が南下する影響で台風の速度が早まり、強烈な風を発生させるのも夏の台風と異なるところ。暴風雨により、各地で河川の氾濫や土砂災害が発生する頻度も多くなることは注意しておきたいところだ。

精度の高い気象予想が必要

台風からの身の危険を守るためにはやはり、精度の高い気象予想が必要で、民間気象情報で世界最大手のウェザーニューズ(4825)の存在は忘れてはならない。航海・鉄道・航空向けの交通気象に強く、大手企業からのニーズは一段と高まろう。また天気予報専門サイト「tenki.jp」運営しているALiNKインターネット(7077)は日本気象協会と業務提携しているのが強味。またいであ(9768)は多岐にわたる気象関連情報を提供、天候に伴う各疾病の症状悪化などを直接的に予測するの「バイオウェザーサービス」も手掛けている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

by 株価チャート「ストチャ」

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる