経済活動正常化で見直す【話題のテーマと狙える銘柄】

目次

消費関連銘柄は最悪期を脱する

新型コロナの新規感染者数減少を受けて9都道府県に対する緊急事態宣言と、8県へのまん延防止等重点措置の全てが9月末で解除された。宣言が解除されても日々の生活ではある程度の制限は課せられるものの、飲食や旅行、イベントなどこれまで自粛で大きな影響を受けてきた業種は最悪期を脱することになる。冬の感染流行期を控えて予断は許さないものの、ウイズコロナでの経済活動正常化へ向けて大きく業績が落ち込んだ消費関連銘柄を改めて見直してみたい。

GoToトラベル事業の再開も?

東京都では10月1日から24日までを「リバウンド防止措置期間」と設定し、21時以降の飲食店等の出入り禁止するなど各都道府県では解除されても行動制限の要請を行っているが、決められたルールでは行動が可能になることから、状況は大きく好転する。このまま落ち着いた状況が続けば現在停止中のGoToトラベル事業の再開も論議されそうだが、まずは緊急事態宣言解除で最悪期を脱する企業を見直していきたい。

飲食ではビール大手、テーマパークでホテル

まず飲食店での酒類提供制限の緩和を受けてビール大手各社が業務用の増産に向けて動きだす。アサヒグループホールディングス(2502)はスーパードライの業務用の樽商品の生産量を10月に入ってから前の週から4倍増産することが伝えられた。ビール以外でも傘下にはウイスキーを手掛けるニッカウヰスキーを有することから、ビール以外の業務用の需要も回復しそうだ。
そして、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランド(4661)は、10月1日から1日原則5000人以下としている入園者数を、1万人に緩和。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)も5000人に制限していた上限を段階的に1万人へ引き上げる方針で、京阪ホールディングス(9045)が運営するオフィシャルホテルへの波及効果が期待される。

 

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる