話題のテーマと狙える銘柄|企業 証券市場新聞

様々な場面での活用に期待

 通信業界では2019年から2020年に商用化が予定されている第5世代移動通信システム(5G)に絡む設備投資へ向けた動きが活発化している。5Gでは現行の4GであるLTEーAdvancedに比べて約10倍の高速通信が可能で、IoT(モノのインターネット)時代には必要不可欠な技術と位置付けられている。スマートフォンの高性能化はもとより、自動運転や産業分野や医療分野など様々な場面での活用が期待されており、これ絡む関連企業の動向も注目される。

5Gは同時接続端末数がLTEの約100倍

 過去、移動通信システムが新世代へ進化する過程で様々なサービスが生まれ、人々の生活が便利になってきた。5Gは1平方キロメートルのエリア当たりの同時接続端末数がLTE(3.9G)の約100倍、通信にかかる遅延時間もLTEの10分の1と格段に進化することから、自動運転を含めて、現在では超えられない技術の壁を一気に突破することが期待されている。

5Gの携帯電話サービスを2020年春に開始

 海外ではベライゾンとAT&Tの通信大手2社が今年中に商用化に踏み切ることが伝えられるなど5Gの普及を前倒しで進める動きなっている。国内ではNTTドコモ(9437)が5Gの携帯電話サービスを2020年春に開始する予定であることが伝えられており、これらに絡む設備投資も急ピッチで進められている。端末についても2018年中には商用チップの開発がスタート、2019年中には端末の具体的な開発がスタートすると見られているが、1台当たりの電子部品搭載数は増加するのは確実で、電子部品関連も恩恵をもたらすことになる。

個別では?

 個別では小型基地局を多数設置する必要性から、それを接続する光ファイバーで古河電気工業(5801)や住友電気工業(5802)、電子部品では村田製作所(6981)やローム(6963)、通信用計測装置ではアンリツ(6754)、NTT工事など電気通信工事大手の協和エクシオ(1951)が注目される。

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket