東証|企業速報 証券市場新聞

9日前引けの東京市場は小幅続落、日経平均は前日比32円52銭安の1万6926円25銭で引けた。朝寄りは高く始まったが北朝鮮核実験報道を受けて先物から売られる動きでその後は下げ渋った。
個別ではラウンドワン、ハピネット、サノヤスHD、アニコムHD、イーレックス、ツクイ、ハニーズが値下がり率上位に売られ、クボタやKDDIも安い。半面、M2HD、サイバーコム、トランザクション、NSW、JPHD、KIMOTO、ランド、コーセル、アジア投資が値上がり率上位に買われている。
証券市場新聞

Pocket